地盤調査、地盤改良、各種杭工事、解体工事は私達にお任せ下さい|茨城県水戸市|エールコーポレーション|施工可能エリア:茨城県全域、栃木県、千葉県、埼玉県、東京都、福島県、群馬県、その他
Get Adobe Flash player
会社情報


エールコーポレーション

〒310-0803 茨城県
水戸市城南3-16-16
アシスト城南ビル303
TEL:029-233-3430
FAX:029-233-3431
E-mail:「お問い合わせ」ページより送信して下さい。

Error: Feed has a error or is not valid

携帯版ホームページ

携帯電話で下記のQRコードを読み取り、アクセスして下さい。外出先からでもアクセスできます。(アドレスはPC用と同じですが、携帯でアクセスすると携帯用のページが起動します。)
有限会社エールコーポレーション携帯版ホームページ

Counter
  • 4今日の閲覧数:
  • 44昨日の閲覧数:
  • 2016年10月18日カウント開始日:

地盤改良について 表層地盤改良とは 柱状地盤改良工法とは 鋼管杭工法とは

柱状地盤改良工法とは

地盤調査の結果、基礎補強工事の必要がある場合は柱状地盤改良工法で軟弱地盤対策を行う場合があります。
柱状地盤改良工法とは、支持地盤が基礎底面から-2.0m~-8.0m程度に存在する場合に施工するケースが最も多く、施工方法は セメント系固化材を専用プラントでスラリー状にし、専用施工機で現状軟弱地盤に注入・混合攪拌することによりコラム状の改良体を形成して基礎を支えることにより、不同沈下の防止を図ることを目的に行う工法です。

 

柱状地盤改良工法の特徴

  1. 住宅用基礎補強工事の場合、最も多様化している工法です。
  2. 低振動・低騒音の為、近隣に迷惑をかけません。
  3. 現場進入路が狭い場合でも工事が可能です。※最低道路幅2.5m以上は必要になります。
  4. 現状軟弱地盤を改良体に変える為、残土を最小限に抑えることができます。
  5. 施工期間が1日~3日間のケースが多い為、工程短縮を図れます。

 

柱状地盤改良工法の注意点

  • 本工事を行う条件として、多量の水を使用する為、現場で工事用水道を御用意していただく事になります。
  • 本工事を完了後、改良体の養生期間を最低でも4日間程度空けていただく事になります。

 

柱状地盤改良工法の施工手順

  1. 所定の深さまでスラリーと共に攪拌
  2. 固化材スラリーを注入しながら攪拌混合
  3. 攪拌しながら攪拌翼を引上げる
  4. 完成

クリックすると写真が拡大表示になります。

Cincopa WordPress plugin

地盤改良について 表層地盤改良とは 柱状地盤改良工法とは 鋼管杭工法とは